通信制高校からの就職は難しかったです。

中学3年間いじめられ誰も周りが助けてくれず人間不信に

中学3年間いじめられ誰も周りが助けてくれず人間不信に通信制高校に高校1年生の時に編入しました公務員試験に合格出来て辛い就職活動が終わりました

小学校の時は問題なかったんですが、中学生になって他の地域の公立小学校と合同になって知らない中学校では知らない生徒もかなり増えました。
もう一つの小学校は不良のたまり場的な学校だったため、小学校から仲の良かった親友が不良にカツアゲされて助けようとして目を付けられて、今度は私がイジメられるようになりました。
教師に相談してもその主犯格の少年の親がかなりのモンスターペアレントだったためイジメを知りつつも見て見ないふりをしていました。
イジメは中学3年まで続いて、机に汚物を毎日のように乗せられて、教科書を燃やされながらもなんとか通い続けましたが、誰も周りが助けてくれず人間不信になってました。
だけど両親はエリート進学校に行ったら、不良なんていないからと言って、塾に通わされて勉強させられてエリート進学校に入学しました。
進学したら勉強だけしていれば煩わしい人間関係から解放されると思って入学しましたが、実際入学してみると政治家やエリート官僚のご子息の出来の悪いのが裏口入学で入って来ていて、そういう連中が親の財力や社会的地位を利用して他の生徒に嫌がらせをするシステムができていました。
私の家は貧乏だったため、そういった金持ちの息子連中から目を付けられて中学校の時のようなイジメが始まりました。
政治家やエリート官僚のご子息達は、ある意味で知恵の無い不良よりも質が悪くて、学校のルールの抜け穴を利用したり教師をお金で買収したりして、執拗に嫌がらせを続けられてもうこのままでは死にたいというところまで追いつめられてやっと両親も私の話を聞いてくれました。
両親や学校の先生と相談した結果、人間と極力接しないで通学できる手段を考えて、通信制高校に高校1年生の時に編入しました。
通信制高校に行くと自殺をする寸前まで追い詰められた気持ちから解放されて、精神的にすごく幸せな気持ちになりました。